single.php

暮らし心地のよい団地の2DKで、古くてかわいいものに囲まれて。一人暮らしのインテリア

UR賃貸住宅 暮らし心地レポート[PR] Vol.10

シェア
暮らし心地のよい団地の2DKで、古くてかわいいものに囲まれて。一人暮らしのインテリア

都内のワンルームから、少し郊外の築50年の団地へお引越し。日当たりがよく、静かでとても暮らし心地が良いというお部屋で、古くてかわいいものをたくさん集めていらっしゃる、一人暮らしの2DKに伺いました。

text : Miha Tamura / photo : Tsubottle / 提供:UR賃貸住宅

UR賃貸住宅で発見した、暮らし心地の良い部屋

atsukoさんが一人暮らしをしていらっしゃるのは、築50年のUR賃貸住宅。2DK、47㎡ほどのお部屋です。

「団地に住んでみたい、という気持ちは前からあって。友人がURに引越したと聞いたのをきっかけに、都内に通える範囲で探してみたら、“家賃も安いし、すごくいい部屋がある!”と発見して、内覧してすぐに決めました」

「URにしてよかったな、と思うのは、初期費用が安かったこと。日当たりがめちゃくちゃ良くて、静かで、とても住みやすいです。リモートワークなので家にいる時間が長いのですが、ゆったり過ごせています。平日は、小学校や公園からの声が聞こえてきますが、それにも癒されますね。とても快適です」

「URにしてよかったな、と思うのは、初期費用が安かったこと。日当たりがめちゃくちゃ良くて、静かで、とても住みやすいです。リモートワークなので家にいる時間が長いのですが、ゆったり過ごせています。平日は、小学校や公園からの声が聞こえてきますが、それにも癒されますね。とても快適です」

リノベーションできれいになっているけれど、鴨居や波ガラスなど、新しい部屋にはない古いところが残っているのもよかった、とatsukoさん。南向きのキッチン・ダイニングと隣の洋室は、ふすまを外してひとつづきの広いリビング・ダイニングとして使われています。

リノベーションできれいになっているけれど、鴨居や波ガラスなど、新しい部屋にはない古いところが残っているのもよかった、とatsukoさん。南向きのキッチン・ダイニングと隣の洋室は、ふすまを外してひとつづきの広いリビング・ダイニングとして使われています。

北側には畳の寝室。「団地に引越すなら、和室が1つほしいと思っていました。畳が気持ちよくて気に入っています。前はワンルームに住んでいたけど、寝室を分けられる間取りになったことで生活空間と区切れるようにもなりました」

北側には畳の寝室。「団地に引越すなら、和室が1つほしいと思っていました。畳が気持ちよくて気に入っています。前はワンルームに住んでいたけど、寝室を分けられる間取りになったことで生活空間と区切れるようにもなりました」

古道具やヴィンテージのラグで整えるリビング

こちらは、約6畳のリビング。大きなソファとビーズクッションを置いて、お友達を招いたときにもゆったりわいわいと過ごせるように。背の高い家具はなるべくおかず、広く見せる工夫をされています。

こちらは、約6畳のリビング。大きなソファとビーズクッションを置いて、お友達を招いたときにもゆったりわいわいと過ごせるように。背の高い家具はなるべくおかず、広く見せる工夫をされています。

「床の色が明るいので、全体がのっぺりしないように、古道具などの濃い色の家具を置くようにしています」とatsukoさん。

「床の色が明るいので、全体がのっぺりしないように、古道具などの濃い色の家具を置くようにしています」とatsukoさん。

左は、山形の古道具屋さんで購入されたという飾り棚。右側のりんご箱は、色を合わせるためブライワックスを使って塗装されているそう。

左は、山形の古道具屋さんで購入されたという飾り棚。右側のりんご箱は、色を合わせるためブライワックスを使って塗装されているそう。

窓際にはヴィンテージのラグ。ちょっとしたスペースにも古いものを取り入れることで、全体が落ち着いた雰囲気になりますね。

窓際にはヴィンテージのラグ。ちょっとしたスペースにも古いものを取り入れることで、全体が落ち着いた雰囲気になりますね。

飾り棚には、最近集めているという木彫り熊のコレクションや、団地で開かれていたフリーマーケットで購入した花瓶など、atsukoさんの好きなものがぎゅっと集まっています。

飾り棚には、最近集めているという木彫り熊のコレクションや、団地で開かれていたフリーマーケットで購入した花瓶など、atsukoさんの好きなものがぎゅっと集まっています。

壁の棚には、北欧のリサ・ラーソンのコレクションも。

壁の棚には、北欧のリサ・ラーソンのコレクションも。

「北欧テイストのものと、日本の古いものを最近は集めています。すっきりしているより、ごちゃごちゃとした雰囲気が好きなので、ヴィンテージっぽい、古いものをうまく組み合わせた部屋にできたらいいな、と思っています」

「北欧テイストのものと、日本の古いものを最近は集めています。すっきりしているより、ごちゃごちゃとした雰囲気が好きなので、ヴィンテージっぽい、古いものをうまく組み合わせた部屋にできたらいいな、と思っています」

たくさんの器と暮らすキッチン

「絶対ベランダ側にキッチンがある間取りがよかった」とatsukoさん。よく光が入って明るいキッチンは、ワンルームに住んでいたときよりも広くなり、とても使いやすいそう。

「絶対ベランダ側にキッチンがある間取りがよかった」とatsukoさん。よく光が入って明るいキッチンは、ワンルームに住んでいたときよりも広くなり、とても使いやすいそう。

窓側のスチールラックには、オーブンレンジやトースターなどを収納。

窓側のスチールラックには、オーブンレンジやトースターなどを収納。

たくさん集めていらっしゃる器は、冷蔵庫と高さを合わせた棚にぎっしりと収められています。

たくさん集めていらっしゃる器は、冷蔵庫と高さを合わせた棚にぎっしりと収められています。

キッチンの作業台の上には、つっぱり式の水切りラックを設置。竹のざるなど見せてもかわいい料理道具はここに。

キッチンの作業台の上には、つっぱり式の水切りラックを設置。竹のざるなど見せてもかわいい料理道具はここに。

換気扇フードには強力マグネットを取り付けて、吊るす収納に。

換気扇フードには強力マグネットを取り付けて、吊るす収納に。

窓側のカーテンレールも、うまく収納場所として活用されていました。

窓側のカーテンレールも、うまく収納場所として活用されていました。

団地ならではの間取りと収納を使いこなす

気になる収納についても教えていただきました。リビング側は、ふすまを外した収納で、抜け感を出してみたかったそう。こまごまとしたものは色味を揃えた収納ボックスに入れて上の段に。目線の高さのスペースは、とてもすっきりと飾られています。

気になる収納についても教えていただきました。リビング側は、ふすまを外した収納で、抜け感を出してみたかったそう。こまごまとしたものは色味を揃えた収納ボックスに入れて上の段に。目線の高さのスペースは、とてもすっきりと飾られています。

はずしたふすまを入れているのは、反対側の寝室にある下部収納。こちらは、サイズを合わせぴったりと納めたボックスにぎっしりと収納。ふだんはカーテンをつけて隠しています。

はずしたふすまを入れているのは、反対側の寝室にある下部収納。こちらは、サイズを合わせぴったりと納めたボックスにぎっしりと収納。ふだんはカーテンをつけて隠しています。

左側の飾り棚には、洋服や気に入っているカバンを入れて。丈の長い服はハンガーラックへ。

左側の飾り棚には、洋服や気に入っているカバンを入れて。丈の長い服はハンガーラックへ。

脱衣所には、つっぱり式のすっきりとしたデザインのラックを置いて、タオルや洗剤などを収納。配管にはマグネットがつけられるので、フックをつけてタオルかけをひっかけています。

脱衣所には、つっぱり式のすっきりとしたデザインのラックを置いて、タオルや洗剤などを収納。配管にはマグネットがつけられるので、フックをつけてタオルかけをひっかけています。

玄関のドアにもマグネットでフックをつけてちょっとした収納場所に。

玄関のドアにもマグネットでフックをつけてちょっとした収納場所に。

ドアの上の小さな場所も見逃さず、ガチャガチャのコレクションを飾ります。

ドアの上の小さな場所も見逃さず、ガチャガチャのコレクションを飾ります。

dscf5885

以前暮らしていたワンルームより広くなり、暮らし心地も良い団地の2DKを、自分らしくうまく使いこなしていらっしゃったatsukoさん。
少しだけレトロな部分が残るお部屋に、古くてかわいいものをたくさん集めていらっしゃるatsukoさんの暮らし方がとてもフィットしていて、ワクワクしてしまう空間でした。

atsukoさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/___aatk/

unnamed
「それならURに住んでみない?」INDEX
Vol.1 「UR賃貸住宅」ってなに?ふつうの賃貸となにが違うの?
Vol.2 「UR賃貸住宅」を借りる時ってどうすればいいの?実際に見学しに行ってみました
Vol.3 「UR賃貸住宅」は初期費用がお得ってどういうこと?具体的にどのぐらい違うの?
Vol.4 「和室」をおしゃれに使いこなす方法を教えて!
Vol.5 「駅からバス」って、やっぱり不便?そんなこともないですよ!お得で便利なUR賃貸住宅の「バス近物件」まとめました。
Vol.6 在宅ワークなら「UR賃貸住宅がおすすめ」って、どんな理由?
Vol.7 一人暮らしでも「広い部屋に住む」メリットって?デメリットもあるの?
Vol.8 賃貸借契約の保証人ってなに?絶対必要なの?
Vol.9 女性の一人暮らしにも「UR賃貸住宅」がおすすめな理由って?
Vol.10 実際に住んでいる人に聞いてみた!「UR賃貸住宅を選んだ理由」って?
Vol.11 一人暮らし・二人暮らしの「2DK・3DK」の使い方を教えて!

「UR賃貸住宅 暮らし心地レポート」 INDEX
Vol.1 光あふれる団地で、ナチュラルモダンな家具に囲まれた一人暮らしの2DKインテリア
Vol.2 MUJI×URのリノベーション団地で二人暮らし。白を基本に、木のアイテムを加えた2DKインテリア
Vol.3 海の近くで憧れを叶える。工夫がいっぱいの団地二人暮らしインテリア
Vol.4 古くて味わいのあるものと暮らす。団地の二人暮らしインテリア
Vol.5 グレーと白でシンプルに。和室のある1DKで自分たちらしく暮らす、二人暮らしインテリア
Vol.6 広くて明るい2DKで、見せる収納を楽しむ。団地の一人暮らしインテリア
Vol.7 引越しの多い賃貸暮らしでも、自分らしく空間を組み立てる。二人暮らしの2LDKインテリア
Vol.8 韓国風&BOHOミックスのナチュラルな広々リビング。家族で暮らす2LDKインテリア
Vol.9 築54年の団地で、北欧シンプルな一人暮らし。すっきりと整った1LDKインテリア

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
暮らし心地のよい団地の2DKで、古くてかわいいものに囲まれて。一人暮らしのインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.47

利便性も、広々リビングも、どっちもほしい。南行徳「ハイタウン塩浜」で新生活を始めませんか

東西線とJR京葉線の2路線が使えて、都心へのアクセスも便利。さらに敷地内と近隣は緑豊かな公園が豊富にある団地、ハイタウン塩浜。広めの間取りをうまく使って、在宅ワークも難なくこなせそう!単身者やカップルにおすすめしたい物件です。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.43

23区内の穴場、UR賃貸住宅「高島平」。和室や襖、レトロさも味のある団地の2DKで「してみたかった暮らし」を描いてみませんか?

23区の中ではちょっと穴場エリア、板橋区にある大規模団地「高島平」。利便性と豊かな自然を兼ね備えた環境なのに、2DKのお部屋が、家賃7万円〜10万円台と、少し広めの一人暮らしから二人暮らしまで、ゆとりを持って暮らせそうなところが魅力です。このお部屋なら、自分らしい生活空間の中で趣味に没頭するなど「してみたかった暮らし」が叶えられるかも?実際のお部屋を拝見し、想像してみました。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.44

50㎡で8万円台。竹の塚第二団地の3DKで、ゆったり贅沢な一人暮らしを叶えませんか

東武スカイツリーライン「竹ノ塚」駅にあるUR賃貸住宅の「竹の塚第二団地」は、ずばり家賃の安さが魅力です。50㎡の3DKが8万円台で住めるお部屋が中心で、これなら一人暮らしの選択肢にも俄然入ってきますよね。広い空間を手に入れて、自分らしく暮らしたい方におすすめの、竹の塚第二団地の魅力をまとめてみました。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom