single.php

必要なものはスーツケース1つだけ。ホテル暮らし実践者の服の断捨離テクニック

憧れの、ホテル暮らしのはじめ方

シェア
必要なものはスーツケース1つだけ。ホテル暮らし実践者の服の断捨離テクニック

年末に向けて断捨離をはじめる人が増えるこの季節。いま手元にある荷物を見直せば、気持ちよく2023年を迎えられるかもしれません。

今回は、10月から福岡でホテル暮らしをはじめたgoodroomのマネージャー・佐々木結芽が、どのように断捨離をしたかそのステップを紹介します。ホテル暮らしをはじめる前は60着あった洋服が、2週間の断捨離期間を経て30着に。なんとスーツケース1つにまとまってしまいました。「捨てる・捨てない」を判断するコツや使ってみて便利だったツールなどをお届けしていきます!

text:Yume Sasaki edit:Rei Sato

STEP①断捨離に着手する前に「理想の自分」を考える

まずは「捨てる・捨てない」を判断するための軸を決める必要があると思い、「理想の自分」をノートに言語化することからはじめました。私にとっての理想の自分は「自信がある自分」と「身軽な自分」の2つです。

「自信がある自分」は、お出かけしている時に鏡に映る自分を見て「今日の自分のファッションいいなあ。好きだなあ」と自信を持って外を歩ける状態です。一方、「身軽な自分」は、これからホテル暮らしをはじめるにあたって、月に一度は住む場所を変えながら、フットワーク軽くいろんな経験をしてみたいという想いを込めています。

01_closet

この「理想の自分」を書き出してみると、反対の「理想でない自分」も明確になっていきます。例えば、あんまり自分に似合ってないとわかっているのに我慢して着ていたり、シワのあるシャツを着ていたりする自分は「自信がある自分」からは逸れるし、例えお気に入りでも荷物としてかさばる洋服をたくさん抱えておくことは「身軽な自分」からは外れる。

断捨離する過程で「これ手放すのもったいないなあ」と躊躇する場面は、誰にでも起こることだと思います。そうなる前に「理想の自分」を明確にしておくと、迷った際に答えを出しやすくなると思います。

STEP②「いるもの」「いらないもの」「今は決められないもの」の3つの基準をつくる

①の「理想の自分」が明確になったら、「いるもの」「いらないもの」「今は決められないもの」の3つに仕分けしていくのですが、その前に3つに仕分けるための基準も先に考えておきました。

「いるもの」の基準
・月に1回以上使うもの
・年中着れるもの
・着ることで自信が持てるもの
・かさばらないもの

「いらないもの」の基準
・使わないor季節ものなど少しの期間しか使わないもの
・似合わないもの、着ても気分が上がらないもの
・かさばるもの

「今は決められないもの」の基準
・まだ決められないもの
・使わないor使用頻度が少ないけれど大切なもの、人生に必要なもの

ここでポイントなのは「いる」「いらない」の2択ではなく、「今は決められないもの」は残しておくこと

例えば、旅行先で買った洋服やプレゼントでもらったアクセサリーなど、全然使っていなくても思い出が詰まった大切なものもあると思います。おばあちゃんになったときに見返したいなと思えるものに関しては、人生に必要なものとして残しておく。「今は決められない」という選択肢があることがテンポよく断捨離を進めるコツだと思っています。

STEP③「いるもの」「いらないもの」「今は決められないもの」の3つに仕分ける

02_closet

私の場合は、今ある荷物を全部ノートに書き出して、仕分けていきました。結果として「いるもの」「いらないもの」「今は決められないもの」に下記の洋服が当てはまりました。

「いるもの」
・何にでも合う黒の靴4足(スニーカー、パンプス、サイドゴアブーツ、サンダル)
・シャツ/ブラウス3点
・ニット6点
・年中着れるボトムス5点、スカート3点
・仕事で着用するセットアップスーツ1点
・ワンピース3点
・アウター2点
・アクセサリーやスカーフなどおしゃれを楽しむための小物類
など

「いらないもの」
・一定の季節にしか着られないニットワンピースやコーディロイパンツ
・手入れのしにくいもの(シワになりやすいもの、素材が繊細なもの)
・着回しがしにくいカラーの靴
など

「今は決められないもの」
・旅行先で買ったものなど思い出があるもの
・ヴィンテージなど1点もの
・浴衣
・スノボウェアと小物
・結婚式用のドレスと靴
など

一度全部をノートに書き出すだけでも「私、ワンピースこんなに持ってたんだ!」とびっくりすることがたくさんあります。「気分が上がる・上がらない」では抽象的で判断がしにくい場合は「最後に使ったのっていつだろう?」と冷静に自分に問いかけて判断していきました。

STEP④ものの置き場を決めたら断捨離完了!

03_closet

仕分けが終わったら、具体的にどこで保管するかを決めていきます。私の場合は下記のように保管場所を決めました。

「いるもの」→ホテル暮らしに持っていくスーツケースへ
「いらないもの」→メルカリで売るor捨てるor友人や仕事仲間にあげる
「今は決められないもの」→荷物の預かりサービス「サマリーポケット」へ

荷物の預かりサービス「サマリーポケット」には、スタンダードプラン、エコノミープラン、ブックスプランの3つが用意されていて、私はスタンダードプランを選択しました。

04_closet

スタンダードプランでは、預けたすべての荷物を写真に収めてくれるため、今何をどのくらい預けているのかアプリからすぐに確認することができます。取り出したいときは1アイテムだけでも申請OK。

「サマリーポケット」の操作画面

「サマリーポケット」の操作画面

本来は3箱預けると月1,980円のところ、ホテルパス会員であれば、毎月550円で3箱まで預けられて、年間3回まで自由に取り出しができます。捨てられないけど大切なものの他に、冬物の分厚いコートや夏服など季節ものを預けて必要な時だけ取り出せるとても便利なサービスです。

STEP⑤アプリで荷物を見える化。断捨離の道はまだ続く…!

断捨離にひと区切りついたら、残っている洋服を「XZ」というクローゼットを可視化できるアプリに洋服を登録していきました。今ある荷物を一覧で把握でき、日記のようにその日来た洋服を登録しておくと、年に何回その服を着たかもカウントしてくれます。

「XZ」の操作画面

「XZ」の操作画面

「一軍の服だと思っていたけど全然着てない…」という発見があり、このアプリを眺めているだけでも、もっと断捨離したくなります。

また、思い出があって捨てられないという気持ちでサマリーポケットに預けている洋服も、一度距離を置いてみることで「意外とそうでもないのかも」と気持ちが変わってくることもありました。

一度断捨離を終えたあとでも、常に荷物を見える状態にしておくこと、そして一度距離を置いてみることが、いつでも身軽であり続けるコツだと感じています。

今回は、私の断捨離の実体験を紹介してみました。私はもともと洋服が大好きなのですが、断捨離をしてみて感じることは、服を減らしても十分おしゃれを楽しめることです。お気に入りの洋服をベースに、かさばらないスカーフやアクセサリーなどの組み合わせを楽しむことで、いつでも好きな自分になることができます。

ホテル暮らしの人だけでなく、自分の暮らしを一度整理して、より身軽な生活をしてみたい方にはぜひトライしてみてもらいたいです。

佐々木さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/s__yume/

初期費用も家具・家電もいらない「goodroomホテルパス」

月額6.98万円から、全国800以上のホテルやTOMOSのマンスリーマンションに「定額」で自由に住み替えできるサブスクサービス「goodroom ホテルパス」がスタートしました。
初期費用も不要、家具・家電も不要で、思いついた日から気軽に新生活がスタートできます。
新しい暮らし方の選択肢に、ぜひ加えてみてください。

792ff9ad-6100-4b54-b380-cf8bf86a17f7

▼新しく追加されたホテル情報など、最新情報をほぼ毎日更新中!

frame11

シェア
必要なものはスーツケース1つだけ。ホテル暮らし実践者の服の断捨離テクニック
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

ホテル暮らしの365日 Vol.13

ボーナスでちょっぴり贅沢ステイ。『コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル』で1ヶ月暮らしてみました

みなさん夏のボーナスは何に使いましたか?貯金や旅行、ちょっぴり贅沢な外食など使い道はさまざまだと思います。家賃が固定されないホテル暮らしのメリットは、ちょっとお財布が潤うタイミングで、普段よりもちょっぴり贅沢な場所に住めること。今回は、『コートヤード・マリオット銀座東武ホテル』に1ヶ月間滞在してきたので、憧れの銀座暮らしの様子をお届けします。…

憧れの、ホテル暮らしのはじめ方

忙しい会社員にこそ、ホテル暮らしがぴったり!?約100人の経験者に聞いた、ホテル暮らしに向いている人

ホテル暮らしに憧れるけれど、自分に合っているか自信がない...。そんな方のために、goodroomホテルパスのユーザー約100名にアンケートを実施!今回は経験者が感じる、「ホテル暮らしに向いている人」を教えてもらいました。職種や性格、ライフスタイルなど、さまざまな角度の答えが集まりました! 経験者約100名のアンケート結果をお届け!…

#憧れの、ホテル暮らしのはじめ方

現役ホテル暮らし約30名の「推しホテル」3選!「立地の良さ」「朝食付き」が人気

goodroomホテルパスの2周年を記念して、2022年6月18日に開催した会員限定のミートアップイベント。最終回となる第3回目のレポートでは、イベントの終盤におこなわれたミニゲーム「ホテルパスログをつくろう」の集計結果をご紹介。約30名のホテルパスユーザーの皆さんに、おすすめホテルを紙に書き出してもらいました!…

憧れの、ホテル暮らしのはじめ方

ホテル暮らし経験者4人に聞いた!ホテルでより快適に過ごすためのアイテム13選

今回は実際にホテル暮らしをしているgoodroomの社員4名にホテル暮らしを快適にしてくれるアイテムを教えてもらいました!便利な収納グッズからホテル暮らしを自分らしく楽しむためのユニークなアイテムまで。ホテル暮らしを検討中の方や実践中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!…

goodroomホテルパスレビュー Vol.20

初めてのホテル暮らしにもおすすめ。なんでも揃う街「さいたま新都心」にある「ホテルメトロポリタンさいたま新都心」宿泊レビュー

ライブにやってきた人たちやファミリーで活気があふれる「さいたま新都心」。そんな街の中にある「ホテルメトロポリタンさいたま新都心」の宿泊レポートをお届けします。goodroomホテルパスを利用して長期滞在してみたら、どんな生活になるのか。ホテル内の様子や、周辺環境などを取材しました。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom